fc2ブログ

もっとインド楽器 2

いやあ、楽器の解説、画像、探すの大変でしたよ~。
名称が微妙に違っていたり、全然違っていたり…たぶん地方や時代によって?
ついに「ゴーバ」(竿のない一弦琴)は見つからず
Ektara_wiki.jpg
(Wikiより)
エクターラ-(一弦琴)、Ektara、ゴピチャンド、tumbi, tuntina 、 yaktaro
ひょうたんの外皮から彫られ、竹とヤギの皮で作られた、一弦の「撥ドラム」ドローン楽器
もともとはインドの放浪の吟遊詩人や吟遊詩人が定期的に使用していた弦楽器で、指 1 本で弾かれる。
https://en.wikipedia.org/wiki/Baul
https://en.wikipedia.org/wiki/Ektara
https://bn.wikipedia.org/wiki/%E0%A6%8F%E0%A6%95%E0%A6%A4%E0%A6%BE%E0%A6%B0%E0%A6%BE
https://graphic.nobody.jp/musical_instruments/ektara.html

khamak_irom.jpg
( irom-musical-instruments)
コモック、カマク、 Khamak
(竿のない一弦琴)
ひもが取り付けられた、はじかれる片頭の太鼓。エクタラとの唯一の違いは、弦を伸ばすのに竹が使われておらず、弦を片手で持ち、もう一方の手で弾いていること
:フリクションドラム(擦奏太鼓)とリュート(撥弦楽器)を組み合わせたもので、弦を構成し、バチで演奏され、非常に多様なリズミックおよび調性音を生成する。
https://en.wikipedia.org/wiki/Baul
https://en.wikipedia.org/wiki/Khamak
https://museum.min-on.or.jp/collection/detail_G00105.html
https://irom-musical-instruments.blogspot.com/2014/04/khamak.html
https://www.koizumigakki.com/?pid=26097621

sarangi_lbfvrtlm.jpg
(lbfvirtualmuseum)
サーランギ Sarangi
-弓奏楽器 多くの共鳴弦を持つ、まるで長方形の箱のような擦弦楽器。
弓で引く。首が短い3 弦の楽器で、パンジャブの民俗音楽、ラジャスタンの民俗音楽、ボロの民俗音楽 (セルジャとして知られています) など、パキスタン、インド、バングラデシュの南アジアの伝統音楽で演奏されます
主要な 3 ~4本の演奏弦、残りの弦は共鳴弦で、最大約 35 ~ 37本
((Wiki、http://doyatabla.namaste.jp/7instruments.htmlより)
https://lbfvirtualmuseum.org/sarangi/
https://www.india-instruments.com/bowed-instrument-details/sarangi-premium.html
https://sites.duke.edu/dumic/instruments/strings/southern-and-eastern-asia/sarangi/
https://www.koizumigakki.com/?pid=171932182

サーランギは2種類ある。1 つはシンディ サランギ、もう 1 つはグジャラート サランギ。シンディ サランギは少し大きく、グジャラータン サランギは少し小さく、グジャラート州で作られている。
https://hi.wikipedia.org/wiki/%E0%A4%B8%E0%A4%BE%E0%A4%B0%E0%A4%82%E0%A4%97%E0%A5%80

sarinda_dgtlstmp.jpg
(digitalstamp-IROMBOOK)
サーリンダ、 スリンダ、Sarinda(弓奏楽器)
「三日月型の開口部を持つ魅力的な形の擦弦楽器。共鳴弦を持たず、主に民謡などに使われる民衆の弦楽器。」
http://doyatabla.namaste.jp/7instruments.html
ところがどうやら3~ 4 弦の演奏弦のみのものと、12 ~36 本の共鳴弦を持つタイプのものがあるらしい。
http://www.vam.ac.uk/content/exhibitions/display-musical-wonders-of-india/sanyogi-sarinda/
https://en.wikipedia.org/wiki/Sarinda_(instrument)
https://bn.wikipedia.org/wiki/%E0%A6%B8%E0%A6%BE%E0%A6%B0%E0%A6%BF%E0%A6%A8%E0%A7%8D%E0%A6%A6%E0%A6%BE
https://chandrakantha.com/music-and-dance/instrumental-music/indian-instruments/saringda/

kamaicha_i_saisai.jpg
(彩彩畑)
カマイチャ kamaicha
弦楽器(弓奏楽器)
インドのラジャスタン州のランガ マンガニヤル族によって演奏される最古の楽器の 1 つ
ヤギの腸で作られた2 ~ 4 本 (通常は 3 本) の太いメロディー弦
8 ~ 11 本の細いスチール製のドローン弦
他の弦の下のレベルにある 4 つの共鳴弦が追加されることもある
https://es.wikipedia.org/wiki/Archivo:Kamaicha.jpg
https://de.wikipedia.org/wiki/Kamaica

surmandal_minon.jpg
(民音HPより)
スワラマンダル Swarmandal
-インドのハープ、弦鳴 ツィター属 
不等辺台形の共鳴箱の表面に38~43本の弦を平行に張ったチター属の楽器・中央に直径20センチの音響孔がある。奏者は、左手で支えつつ、右手指につけたピック(針金)でかき鳴らす。1弦1音。
(民音音楽博物館)
https://museum.min-on.or.jp/collection/detail_G00112.html
https://www.koizumigakki.com/?pid=137985238
https://chandrakantha.com/music-and-dance/instrumental-music/indian-instruments/surmandal/
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

アシーン

Author:アシーン
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード