fc2ブログ

2011-02-24

イスラム世界の成立と国際商業

先日、<2011-02-08 シーラーフとインド洋>でもご紹介した
家島 彦一先生の著作ですが、
以前は拾い読みしかしてなくて、
今回、久しぶりに、それでもざっと目を通しただけですが、
驚きです。
とんでもない人ですね。家島先生って。

で、あらためて少しだけ…。

文献をちゃんと調べて、現地調査をちゃんとして、
さらにこれだけマクロな視野を展開できるなんて…。
それでいて、イブンバトゥータを翻訳して、やはり現地調査もして…!

本がだんだん大きく、厚くなっていくのも凄いです。
情熱が感動的です。
インド洋から地中海までを
歴史空間として捉えようという試みが、まず素晴らしい!
自然、交易路、人の移動、各地の王朝の盛衰…。
様々な要素を海の世界から見る。
イスラーム世界の成立からポルトガル、オランダ、イギリスの登場まで。
実に面白いです!

yazima-iwanami.jpg

イスラム世界の成立と国際商業
―国際商業ネットワークの変動を中心に
(世界歴史叢書) 岩波書店 (1991/4/26)

まず1巻目ではイスラーム世界成立以前~9世紀までがメイン。
インド洋の海の文化圏の成立過程からバグダードが中心になって、崩壊するまで。
インド洋と地中海をつなぐルートが2つあって、
これが、イラク・ペルシア湾ルートと
エジプト・紅海ルート。
その歴史的な流れの中にメッカがある。

イスラーム教成立はそのルートの渦中に成立した。
ムハンマドの出自のクライシュ族は交易商人だったが、
その富の源がここに深く関わっていた。

シーラーフの発掘調査によって、
サーサーン朝ペルシアの時代からのアラビア半島との関わりが見えてくる。
ハールク島やブーシェフル付近のリーシャフルなどは
アケメネス朝時代の遺跡もあるという。
その後、何故、ダマスカスを都としたか。
何故、ウマイヤ朝は崩壊したか等々…。
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アシーン

Author:アシーン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード