fc2ブログ

2011-03-06

ファンタジー@松岡美術館

museomatuoka110226exte.jpg

東京都港区白金台にある松岡美術館
◆ファンタジー -松岡コレクションの幻想世界-展    
2011年1月5日(水)~4月17日(日)
というのをやっているというので、
前から気になっていて、行ってきました。

museomatuoka110226expo.jpg

<中国の幻想動物たち>
殷・周青銅器に描かれた饕餮(とうてつ)文様から
明・清代の陶磁器まで
そこに描かれた龍・鳳凰・麒麟などがいっぱい
44点

竜がかわいかったです。
とくに
白磁 龍耳瓶(唐)シルエットが素敵。
青磁 蟠龍壺(南宋)かわいい龍が壺に巻きついているのがなんとも愛らしい
青磁 蟠龍文 瓶(清)これも。トカゲのようで、かわいい
柿秞 双龍文(明)抽象的に踊っている感じがいい
天馬と一角獣の緑の瓦(明)も、もうかわいらしくって!
http://matsubi.exblog.jp/14397457/

それだけかと思ったら、併設で
幻想絵画の世界PART1 /幻想絵画の世界PART2
というのをやっていて、幻想的な日本の絵画が27点。

一番気に入ったのは、
百鬼夜行の絵-橋本龍美≪里噺≫でした。
色合いといい、雰囲気といい、とっても素敵でした。
http://matsubi.exblog.jp/14106899/

他にも面白い絵が沢山あって、予想外の収穫でした。
行近壮人≪蒼想≫
-佇む白馬と背後に駆け抜ける馬の群れ
http://matsubi.exblog.jp/14164356/

堀川公子≪燈≫≪古経を拝す≫
ろうそくの向こうに不動明王、
古経を読む少女の背後に普賢菩薩、
http://matsubi.exblog.jp/14062600/

工藤甲人≪鳥像≫-強烈な鳥
http://matsubi.exblog.jp/14133640/

真野広≪バビロン追想≫1978年-イシュタルの門
http://matsubi.exblog.jp/14033478/

角浩≪ベネチア異変≫-水面に浮かぶ町の空に天馬と鳥。
http://matsubi.exblog.jp/14008761/

北村真≪砂の音№5≫色鮮やかなインドの遊牧民
http://matsubi.exblog.jp/13971912/

信太金昌≪聴秋悲夏≫-ちょっと不思議な海辺の風景
http://matsubi.exblog.jp/14172724/

須藤初雄≪蝶道≫-不思議な緑の草原
http://matsubi.exblog.jp/13938446/

などなど…。

松岡美術館HP http://www.matsuoka-museum.jp/
松岡美術館 ブログ http://matsubi.exblog.jp/
にも色々と所蔵品が紹介されているのですが、
私の好きな龍たちは全然、相手にされていないのが哀しいです。
好みがマイナーだから、仕方ないんですけどね。

常設展のオリエント室が
< 古代エジプトの神々>に変わっていて、ちょっと残念。 
古代ペルシアの土器、好きだったのに…。
超マイナーな古代ペルシアものを常設点に飾ってくれていて、
感動したものです。
でもそれだけではなく、色々、持っているんですね。
色々なものが見られるのは、やはり嬉しいです。
常設展も展示替えがあるんですね。
楽しみです。

次回の展覧会
松岡コレクション-西洋絵画の中の人びと
―ジョン・エヴァレット・ミレイ、ルノワールからシャガールまで―
2011年4月24日(日)~9月25日(日)
オリエンタリズムの絵で、好きな絵を絵葉書で見つけて、
それが出るというので、楽しみです。
常設展の(仮)古代のガラス
4月24日(日)~12月20日(火)
これも楽しみです。

(以前、紹介した松岡美術館です。
10/08/26 ペルシア陶器のコレクション
10/08/27 松岡美術館2 )
こちらのコレクションも、是非、簡単なものでもいいから、
図版の写真入りのパンフを作って欲しいものです。

実は前回、書きそびれたのですが、
『東洋陶磁』34号(2004-2005 東洋陶磁学会)という学会誌に
「松岡美術館のイスラーム陶器」が紹介されています。

知ったのは、見に行く前。
ちょうど、タフテ・スレイマーンのタイルのことを調べていて、
それについての論文が載っているというので、
この本をある方から見せていただいたのです。
そうしたら、なんと…!

しかも「天理参考館のイスラーム陶器」についても載っていたんです!
もし、これを見ていなかったら、
両方とも、知りませんでしたし、行かなかったかもしれません。
まるで、導いているかのようでした。
不思議なものです。
こういうことってあるんですね。

(10/10/18 天理参考館1~3 )

(追記)
天馬と一角獣の瓦が紹介されました~!
http://matsubi.exblog.jp/14397457/
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アシーン

Author:アシーン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード