fc2ブログ

2012-05-22

「東インド会社とアジアの海賊」記念シンポジウム3

「貿易、戦争、移民:18 世紀マレー海域と東インド会社」
太田淳(広島大学大学院文学研究科准教授)
近代のネガ、または取り込まれた異者 植民地期マレー海域の海賊 / 太田淳
『現代思想』39-10(2011-7) 2011/07/01
 特集:海賊――洋上のユートピア
 青土社

マレー世界において,王は基本的に港の支配者で、貿易の推進者だった。
マレー語がインドネシア一退の商用語。
しかし王位継承問題でもめて、海賊行為に及ぶことがよくあった。
支配者による海賊行為は人々の生活手段
オランダ東インド会社は武力で威圧して、独占貿易を企んだが失敗に終わる。
帰って、海賊の跳梁を招く結果となった。
結局、オランダ東インド会社は有力海賊を見方に取り込んだりしなくてはならなくなった。
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アシーン

Author:アシーン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード