2018-02-05

あったかインナー

友達が極寒の地に行くのに、オススメのインナーをあげていたから
どんなもんか ちょっと覗いてみて、
先日、久しぶりにあったかいインナーを探してみたら、
いろいろあるんですね~。
迷っちゃいました。めもメモ…

mont-bellモンベル
スーパーメリノウール、エクスペディション

<卓越した発熱量を誇るスーパーメリノウールに速乾性をプラスした、
モンベル独自のアンダーウェア。
身体を包み込むような暖かさが持続。
【素材】スーパーメリノウール79%+ポリエステル18%+ナイロン2%+ポリウレタン1%
【平均重量】184g>
https://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1107584

mont-bell
ジオライン EXP.Uネックシャツ

<厳寒地での着用を前提に保温性を重視。
放射熱で身体を芯から暖めるとともに、
三層構造のふっくらとした空気層が暖かさを逃がしません。
厚手ながら、軽量でストレッチ性に優れるため、重ね着しても軽快。
【素材】ジオライン®[ポリエステル100%]
【平均重量】166g>
http://globalcafe.info/?p=2157
https://webshop.montbell.jp/goods/list.php?category=71200

[ザ・ノース・フェイス]ホット
ホットトラウザーズ(レディース)
HOT Trousers
商品型番:NUW66153
<HOTシリーズは肌面に水を含まないポリプロピレンを使い汗冷えを抑制、
汗はポリエステルによって吸い上げられ蒸発する素材。
そうして十分な厚みをもった起毛&光電子®サーマスタットの生地が理想的な保温力を生みます。
素材構成: Heavy Weight PP 光電子® Double Cloth(ポリエステル79%、ポリプロピレン18%、ポリウレタン3%) >
https://www.goldwin.co.jp/tnf/ec/pro/disp/2/NUW66153

エクスペディションホット
トラウザーズ(ユニセックス)
Expedition HOT Trousers
商品型番:NU61501
https://www.goldwin.co.jp/tnf/ec/pro/disp/2/NU61501

THE NORTH FACE(ザ・ノースフェイス)
【SUMMITシリーズ】
Expedition Hot Trousers エクスペディション ホットトラウザーズ NU61501
<ノースフェイス アンダウェアシリーズの中で最も保温性の高いモデル。
裏起毛された厚みのあるExpedition Weight光電子(ウール混)の生地が抜群の保温力を発揮。
ストレッチ性にも優れ動きを妨げません。 >

ドライトラウザーズ(レディース)
DRY Trousers
商品型番:NUW66164
<肌面には繊維内に水分を含まないポリプロピレン、
表側に吸汗拡散性を持たせたポリエステルを配備したアンダーウェア
身体から出た汗をウエア表面へと迅速にシフトし、肌に触れる面には一切水分を残さない、
戻さないというコンセプトで開発。
通気性の高いグリッド状組織デザインと、
疎水と吸水という異なる性質を組み合わせたダブルフェイス構造で
運動時の快適さを向上させます。極薄で軽く、フィット感の高いシルエットです。
【Fabric】 Flyweight PP Doubleface Grid(ポリエステル85%、ポリプロピレン15%)>

(ミズノ)MIZUNO
ブレスサーモ ヘビーウエイト

BREATH THERMO
<発熱するから温かい。
人体の水分を吸収し発熱する、吸湿発熱素材「ブレスサーモ」
厚手タイプの厳寒地対応モデル。
素材の設計には袋編みと裏起毛の重層化構造を実現。
より断熱性と保温性、ストレッチ性に優れたモデル。
素材構成: ポリエステル84%, 指定外繊維(ブレスサーモ)16% >
http://www.mizunoshop.net/disp/CSfDispListPage_003.jsp?dispNo=003002227&ecid=google_tci_breath&ef_id=V@aq9gAABVU8CJsy:20180201044638:s

(フェニックス)phenix
Outlast® PP Heavy wt.
Crew
<低い水分保有率と断熱保温性により、
あたたかさとドライ感を得られる軽量ポリプロピレン繊維を肌面に使用し、
調温機能を備えたOutlast®繊維が気化熱の損失を防ぐハイテクアンダーウェア。

Outlast(R)とは:「寒い」「暑い」を快適にコントロールしてくれる、
NASAのために開発された最先端の温度調節素材です。
素材に組み込まれたミクロのカプセルがウェア内の温度をコントロール。
暑い時には、カプセル内のポリマーが身体の熱を吸収しながら、
素材自体が熱の伝導率を高めて、素早く外部に放出してくれます。
一方、寒い時には、ポリマーに蓄積された熱を低くすることで、体の熱を外部に逃さず保温します。>
http://www.phenixstore.com/fs/phenix/c/ContentsPhenix_16FW_Outlast

2018-02-02

アンナチュラル

今期冬のドラマ
「アンナチュラル」面白いです!
『unnatural death』
「不自然死究明研究所(UDIラボ)」

役者さんのうまさはもちろん、
やはり脚本と演出が素晴らしいですね。

1話 
「まぬけな寝顔がいとしい人」

「この世でもっとも恐ろしい毒は…名前のない毒」
「すべての物質は毒であり、毒でないものはない
用量が毒と薬を区別する」

「証拠がない」
「証拠がなかったから、今回はなかったことに」
「証拠です」

「私と中堂さんが協力すればだと思いませんか?」
「敵はなんだ?」
「不条理な死」

2話
「検視官って」
「「臨場」の内野さん」

「科捜研で調べるんじゃないんだ」
「科捜研は順番待ち」
「沢口靖子は忙しいの」 (笑)

「刺す?刺しとく?」
「今 やめとこっか 警察いるからね」

「亜硝酸性窒素の濃度から割り出したって聞きました」
中堂さんこれでわかるのかよ凄いな #アンナチュラル
https://twitter.com/hervorruf/status/954349122374590464

「クソ親に殺されかけた 絶望するには十分だな」
「三澄さんは絶望とかしないのかな」
「絶望してるひまあったら、美味いもの食べて寝るかな」

3話
「女、女って。
好きで女に生まれてきたのではありません。
あなたは選べたんですか」

「ぎゃふん いただきました~!」「ちょっと待って 証拠としてまずいよね」
「ぎゃふん お預け?」「お預け 理由 調べないと」

「天下りの力を今使わなくていつ使うんですか!」

「人なんて 切り開けば ただの肉の塊だ。死ねばわかる」

「法医学者は人殺しの方法を知り尽くしたプロですからね
いつまでも 逃げおおせると思うなよ」

2018-02-01

「赤き青い月」

たまたま見ていたテレビ、ちょうどニュースで言ってて、
え?って外を見たら、あらま!
綺麗に見えるではありませんか!
ほんとに赤い月でした。
なんとも妖しく不思議な月でした。

180131sbbloodmoon.jpg
https://rocketnews24.com/2018/01/31/1013504/より

1/31の皆既月食
特別な「スーパーブルーブラッドムーン」
super-blue-blood-moon

<2018年1月31日、月が真っ赤に染まる。皆既月食が起こる。
日本で観測できるのは約3年ぶりのことだが、今回の皆既月食は特別。
なんとこの日の満月はブルームーン! 
21時50分頃から23時すぎにかけて、月が「赤き青い月」になるというのである!!

・皆既月食とブルームーンの共演「赤き青い月」

「赤き青い月」とは何ともファンタジック。
一体何が起こるのかというと、まずこの日の満月はブルームーン。
詳細は以前の記事でも紹介したが、「1カ月で2度目の満月」という珍しい現象なのだ。
これが “青い月” の正体。

さらにこの日は皆既月食だ。
皆既月食とは、太陽-地球-月が一直線に並ぶ際に起こる現象で、
満月が地球の影を通る際に、月が欠けたり暗く見えたりすることである。

その際に月の色は赤黒く変化して見え、
その色のためブラッドムーン(Blood moon)と呼ばれているのだ。>
https://rocketnews24.com/2018/01/31/1013504/
https://rocketnews24.com/2018/01/31/1013350/

2018-01-29

ハーブ&スパイス本

こんな本が出ていたんだ…
めもメモ

norman2006spice.jpg

スパイス完全ガイド 最新版
ジル ノーマン (著)
山と溪谷社; 最新版 (2006
The Complete Book of Spices
<エキゾチックで香り高く、微妙で刺激的、はるか昔から人々を魅了してきたスパイスのコンプリートガイドブック。
スパイスのバイブル的存在!
スパイスを効かせた料理・レシピも実用的、何千年も前から東西交流の主役を担った
スパイスの歴史もビジュアルで網羅、楽しく充実の内容>

異国の香りを食卓に
1. スパイスのはるかな旅
2. スパイス図鑑
3. 世界のミックススパイス
4. スパイスのきいた料理
5. スパイスのある暮らし

ジル・ノーマン Norman,Jill
<世界の食材や料理に精通したイギリスのスパイス研究家
1970年代、ペンギンブックスのため食べ物とワインのリストを制作したことをきっかけに、
「食」探しの旅に出発。ハーブ&スパイスの起源や使用法の発見に情熱を傾け、
今ではその権威として世界的な名声を博しており、著書は世界各国で翻訳されている。
『スパイス完全ガイド・最新版』(山と溪谷社)はイギリスとアメリカで賞を受けたほか、
『世界のハーブ&スパイス大事典』の初版はドイツの料理アカデミーから表彰された>

norman2017herbspice.jpg

世界のハーブ&スパイス大事典
ジル・ノーマン (著),‎ 水野 仁輔 (監修)
主婦と生活社 (2017
Herbs and Spices, The Cook’s Reference
<世界中の140種類のハーブ、143種類のスパイスについて、
味と香りの特徴から、栽培法、調理法まで詳しく解説した、
世界でいちばん美しい決定版ビジュアル大事典。
中でも14種類に及ぶミント、35種類もの世界中のチリ(赤唐辛子)は、
インパクトのあるビジュアルと、マニアックな解説で必見!
さらに、著者のジル・ノーマンさんが取材や旅行を通じて集めた、
50の国と地域の絶品レシピを200種類以上収録。
フランスの極上ハーブミックスから、ウルトラ激辛唐辛子・ハバネロのペーストまで、
好奇心をくすぐるレシピが満載です!
日本語版には、カレースター・水野仁輔さんの新作レシピも掲載。
ハーブ、スパイスごとに、「味わい」「使用部位」「購入・保存法」「栽培・収穫法」「風味の相性」「調理法」を、
ジル・ノーマンさんの独自の視点で、繊細かつ詳細な表現で解説。
地域的、歴史的な背景や日常使いでのうんちくなども交え>



2018-01-27

生賴範義展と…

雪はだいぶ溶けたけど、昨日はすごく寒かったです。
10時に待ち合わせて、開館待って生頼展へ。
20人ほどが開館待ち。
ohrai1801ex.jpg

ohrai1801ex02.jpg

宮崎で出てなかった絵もあり、
でも全体的には宮崎より少なかったです。
外の看板には載っているのに、なかった絵もあり。(笑)

でも本当にこの人の画力は素晴らしいというか、すさまじいですね。
何度観ても…

Cafe MORIでお茶して一休み

そして、サウジアラビア展へ
途中、パークサイドカフェが空いていたので、先にランチ

RoadsofArabia1801tohaku.jpg

国立博物館で開催中のサウジアラビア展

RoadsofArabia1801tent.jpg

RoadsofArabia1801mapa.jpg

RoadsofArabia1801paki.jpg

パキスタンから寄贈の装飾のプレートが素晴らしかったです。

tohaku1801Hyokeikan.jpg

tohaku1801Hyokeikanin.jpg

表慶館の建物が素敵でした。


見終わって、本館へ 
新年特別公開を見て
犬の置物とか、絵とか、でも何げにすごい画家のがあったりして、
国立博物館の底力を見せつけられたような気が… 
正月ということで、やはり特別展示の衣装や簪もあり、
もうもう見事な、素晴らしいのが、さり気なく並べられたりしてて…
なんてすごいの!と感嘆の溜め息を漏らして…
体力があれば、常設展も見て回りたいのを堪えて、
(この後まだ予定があるので。観たらもう動けなくなるの確実)
ミュージアムショップだけちょっと覗いてから離脱。
途中の文化会館の喫茶でまたひと休み。

さて次は。アメ横経由で御徒町へ
アメ横って初めて通ったけど、すごいんですねぇ!
圧倒されました。

御徒町の自然石のお店でひっかかって。
孔雀石とラピスの入った小石ほどの格安の原石と
格安のアマゾナイトをお買い上げ(笑)
だってむちゃくちゃ安かったんですもん(笑)

実は友人からも、先日行ったという鉱物フェアで見かけたという
アマゾナイトの原石をプレゼントしてもらい、感激です!
ええっ?いいの?~うん、安かったから(笑)
原石づいています。

実は先日行った「ナチュラルヒストリエ」で安く売っていた
アマゾナイトの原石。ちっちゃいけど綺麗なのがあって。
その時はいいやと思って買わなかったけど、
「東京大学コレクション」の見事な<鉱物コレクション>を見て
やっぱりあとで欲しくなって、また行きたいと話していたら、
別のミネラルフェアで見かけたからと、買ってきてくれたのでした!
わーい!ありがとうございました~!

「東京大学コレクション」の見事な<鉱物コレクション>を見て以来、
原石の魅力にはまってしまったみたいです。

あれは本当にすごかった!

いや。実は昔はミネラルフェアとか、毎年行っていたものです。
でもその頃は原石よりも、安く買えるラピスとか孔雀石とかインカローズのアクセにはまっていました。
久しぶりに血が騒ぎました。


そして友人の最終目的地
ジュエリーオーダーリフォームの工房を覗いて離脱
そのミネラルフェアでゲットした石の加工を考えているとのこと。
でも石の値段より、加工代、技術料が
はるかに高いものだということがよくわかりました。はい。
なかなか興味深かったです。

ふう。我ながら、ずいぶんな遠征でございました。
以前なら、とてもこんな遠征はできませんでした。
だいぶ、体力がついてきた証ですね。

しかもこのあと,帰りに
スポーツ洋品店で、ちょっとだけ、山用のあったかいインナーを探してみたりしました。
いやあ、流石に疲れました。

プロフィール

アシーン

Author:アシーン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード