fc2ブログ

2022-03-27

オミクロン株の性質による 各公衆衛生対策効果の変化

コロナ関連メモ~

0309
<1月はじめのころには多くの専門家が「ピークを迎えれば急降下」と考えていた第6波
なのになぜ緩やかにしか下がらないのか?
以下、数値解析による検討と考察です。→

①感染者に占める子どもの割合が増えている。]
これは、オミクロン株の性質として子どもが感染しやすくなっていることと、
https://twitter.com/ykfrs1217/status/1501537119910903808

低年齢の子どもがワクチン接種の対象でなく
これまでの既感染者も少ないために
相対的に感受性者(=免疫のない人)の割合が大きいためであると思われる。
飲食店の時短営業やテレワークの推進などは大人をターゲットとした対策であり、
そのような対策を強化しても
子どもたちの間で感染伝播が維持されてしまうことで、
全体として感染者数の下がりが鈍くなっている

世代期間が短いため
接触者調査や広い検査によって感染者を早期に見つけて隔離する対策の効果が薄れている
(一方で、世代期間が短いと、
接触機会の減少や免疫獲得による感染制御の効果は大きく現れる)

③ー1ワクチンや既感染によって獲得した免疫の効果が、経時的に低下している。
特にブースター接種をしていない高齢者では効果の低下が大きく、
オミクロン株の短い世代期間と相まって、
高齢者施設や家庭内感染でのクラスターが制御しにくくなっている

③ー2感染をひろげやすいと言われている若年~中年層は
昨年の夏ごろに一斉にワクチンを接種して第5波の制御に大きく貢献したが、
逆にそれから半年程度たったこれからは
集団としての免疫の効果が急激に落ちていく可能性がある。
これによって、第6波が下がりにくくなる、
あるいは下がったとしても早い段階で第7波がきてしまうかもしれない。

伝播力が高く、従来のオミクロン株(BA.1)とも免疫的に異なるBA.2が国内で広まり始めている
今後、対策を緩和していく過程でBA.2の影響も加わると、
第6波が下がりきらずに早期にリバウンドが起きる可能性がある

モデル数値解析の資料はこちら:
オミクロン株の性質による 各公衆衛生対策効果の変化>
https://github.com/yukifuruse1217/omicron_and_measures/blob/main/%E3%82%AA%E3%83%9F%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%81%A8%E5%AF%BE%E7%AD%96%E5%8A%B9%E6%9E%9C_YF4.pdf

2022-03-26

「天平の宴」ランチ4

素晴らしい~!
私もプロトタイブ、食べてみたいです~

<このコース、始まった当時は
もっとより当時の味に忠実に再現しようとするあまり、
「面白いけどとても食えたもんじゃない」とされて、
試行錯誤を重ねて現在の現代人も食べやすい形になったという。
その飽くなき努力に敬意を表しつつ、プロトタイプも食べてみたかったと思う変態の私なのでした。


<コースの間つきっきりで
当時の調理法や時代背景など詳しく解説しながら食事を楽しませてくれるスタイル、
部屋に入った瞬間から奈良の世界観に引き込む演出、
派手な物をとにかくどんどん出そう!みたいなバブルの時代にこれをやろうと思い立ち、
その後も並々ならぬ苦労をかけて続けてこられた企業努力。>

<どれもこれも、本当に頭が下がります。
この奈良の地だからこそできる、奈良の地だからじゃないとできない、まさに唯一無二のサービスだと思う。
奈良パークホテルさん、本当にありがとうございました。
そんなわけで天平の宴、マジで超絶オススメです。詳しくはこちらへどうぞ
https://narapark.jp/day/>
https://twitter.com/kusikurage/status/1507354776849502210
tenpyo.png
https://www.narapark.jp/cuisine/

2022-03-25

「天平の宴」ランチ3

<さてついにメインの茹(ゆでもの)
なんと鮑を丸々一個醤煮したもの。
褐海藻(わかめ)、大豆、鹿尾藻(ひずきも、ひじき)、争(たかすな、竹の子)に甘葛(あまづら)煎を加えている。
甘葛は砂糖未伝来の時代の日本における貴重な甘味料だった。いやー、贅沢。>

<葅(にらぎ)、これはいわゆる口直しで
楡蟹(カニのほぐし身)、大根、生瓜、心太(こるもは)、枸紀子(クコの実)。
奈良時代、都では保存食として心太が大量に作られていたんだとか。>

<最後、姫飯。蓮の実入りの赤米粥
見た目はぜんざいみたいだけどもちろん砂糖など入っていない。
味はうっすい。米も少ない。ほとんど重湯。
草醤(漬物)の須々保利漬けを付け合わせに頂く。
これは奈良漬の原型になった物とされ、とても美味。>

<いよいよデザートです。
まず久多毛能(くだもの)、柿子(干し柿)、甘子(かうし、オレンジ)、干一熟(いちじく)、
呉桃(くるみ)、生大豆(枝豆)、あと季節のものなのでいちご(これは現代アレンジ)。
当時、枝豆は果物扱いだった。
確かに塩茹でしてない枝豆は甘いよね、ずんだ餡なんてあるわけだし。>

<そして唐菓子
餃子みたいな見た目の餢飳(ぶと) 、渦巻き状の環餅(まがり)、棒状の索餅(むぎなわ)。
餢飳は中に甘くない小豆の餡を包み、今も春日大社では神饌として作られる。
環餅は八坂の神饌。索餅は素麺のルーツらしい。
いずれも小麦粉を練って油で揚げたものに、甘葛煎を蜜としてかけたりした。>
https://twitter.com/kusikurage/status/1507350361262428168

2022-03-24

「天平の宴」ランチ2

<まず、醍醐味
見た目ブイヨンみたいだけど、熟蘇。
そう、みんな大好きあの「蘇(そ)」
牛乳を煎じ詰めて作るアレなわけだけど、現代のチーズに比べてかなり塩味は控えめ。
でもじんわりとパルメザンチーズのような旨味があり、濁り酒ととても合います。>

<次に多比(鯛)の鱠
冷蔵技術も無く輸送手段も徒歩しかなかった時代、
生魚はまず切り身にしたものを塩と酢でそれぞれ洗い、重ねて壺に納めて運搬した。
すると納める頃(およそ三日後)にはいい感じに漬かる。
ただこれは現代風に食べやすい昆布締めになっている。山葵は当時から採れたらしい。醤酢で頂く。>

<次に味物(うましもの)
鹿の腊(きたい)つまり干し肉、
火干し年魚(あゆ)、
老海鼠(ホヤ)と伊加(イカ)の醢(塩漬け和え)、
干多古(干しタコ)、鯖魚酢(鯖のなれずし)。
要するに酒の肴、珍味類です。
鯖魚酢は現代風の鯖寿司になっているけど、当時は熟鮓、要するに酢飯で握ったものではない。>

<さて、ここで強飯の登場、黒米with松の実。
通常、古代米と称されるものに幾らか混ざっているあの黒米100%なので、見た目は炭化した米。
白米は既にあったのになぜ敢えてこの黒米を食べたのかというと、
中国の皇帝が陰陽思想に基づいて好んで食べたことによるという(黒白の物を食べると縁起が良い的な)。>

<一緒に出てきたのは佐米(サメ)と鮭の焚割(すわやり)、要するに干物。
当時の海産物は保存食として献上されるからほとんど干物だったんですね。
旨味がすごく、ご飯が進みます。
添えてあるのは橘(小型の柑橘類、写真はすだち)。>

<ここで出てきた羹(あつもの)は布久(ふぐ)と毛知比(もち)
味は驚くほど薄く、遠くの方にふぐを感じるというもの。塩をごんごん入れて飲む。
餅は胡麻入りで、餅というよりお団子のような食感で美味。
旨味を出すためなのか、酒がかなりキツめに入っている。>

<炰(つつみやき)はいわゆる朴葉焼きで、日本では縄文の昔から作られていたもの。
中身は猪の干し肉、百合(百合根)、奈須比(ナス)、知智(銀杏)、舞茸。
全て味はついていない。銀杏を「ちち」と呼ぶのは、雌株から成る実を母乳に見立てたからだという。
舞茸やナスが当時からあったことに驚く。>
https://twitter.com/kusikurage/status/1507343573473447939

2022-03-23

「天平の宴」ランチ1

ええっ?
天平時代の料理?
面白い!
食べたい~!

<お昼に食べた「天平の宴」ランチが大変大変素晴らしいものだったので、これから詳細をレポート

名前の通り、天平期(奈良時代後期)の宴会料理を
専門家の指導の下忠実に再現したもの
で、
なんと40年近く前から行っている試みだそうです。>
0325
https://twitter.com/kusikurage/status/1507327476682596356

<このコースは「大宮の間」という専用のお部屋で供されるんだけど
まず部屋に通される段階から凄い。
女官風の衣装の案内係に連れられて行った先は、
停電ですか?というレベルで廊下が暗い。
え、ここ大丈夫なの?と思いつつ部屋に入ると更に真っ暗
灯りはなんと燈心だけ。この時点でテンション爆上がり。>

<真っ暗さに衝撃を受けつつ席に着くと、
「まず当時の暗さを味わってもらう」という演出だという説明。
「しかし現代人がこのまま食事をするのは無理なので」ということで、
電気をつけてくれるけど、もう気分は完全に奈良時代。
なおこれは電気をつけてもらった後に撮った内装。燈心もちゃんと当時のもの。>

<料理は、貴族風の装いの係の人が一つ一つ説明しながら供してくれます。
まずは飲み物から。
飲み物は「白酒(しろき)」と呼ばれる濁り酒か、どくだみ茶しか無い。
ビールもジュースも当然ありません(ホテル側の計らいで食前酒に梅酒は出る)。
平瓶(ひらが)という、当時の酒器で注ぎ方は横から。盃が浅い!>

<で、料理なんだけど
まず今の料理と決定的に違う点。
それは当時の料理は「味付けがされていない」ということ。
煮たり、焼いたりといった加工はされてるけど、
味付けは「塩梅料」として並んだ塩、酢、醤(ひしお)で自分でカスタマイズするというわけ。
これはまず衝撃でしたね。
だから基本は皆素材の味。>

<なお、塩は藻塩で今の製法とは大分違うものであるのに対し、
酢は酒を作る酒造司という役所で作られ、現在のものと大差ないものだったという。
醤は味噌や醤油の原型となったもので、
味の感じは味噌と醤油の間という雰囲気の味。
塩はしょっぱみが柔らかい。酢は確かに酢。>

奈良パークホテルでしか味わうことのできない、天平時代の宮廷料理。

平城宮跡発掘資料を基に考古学者や料理研究家など専門家の協力をいただき5年の歳月をかけ、
再現した宮廷料理天平の宴。1300年前の宮廷貴族の宴を体感することが出来ます
。>
https://reserve.489ban.net/client/narapark/0/detail/366400

醍醐味「天平の蘇」
黒米素麺「天平の糸」
赤飯のルーツ「赤米」
神秘のお米「黒米」
古代のクッキー「唐菓子」
魚の干物「楚割り」
https://www.narapark.jp/cuisine/
歴食
https://reki-shoku.jp/rekishoku/%E5%AE%AE%E5%BB%B7%E6%96%99%E7%90%86-%E5%A4%A9%E5%B9%B3%E3%81%AE%E5%AE%B4%EF%BC%88%E5%A5%88%E8%89%AF%EF%BC%89/
プロフィール

アシーン

Author:アシーン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード